西郷家の二男、西郷吉二郎の生涯をたどると、優しさと偉大さを強く感じます。

 

英雄西郷隆盛を兄に持ち、吉二郎はどのような気持ちで生きたのだろうか。

 

隆盛は吉二郎に対して大変感謝しており、西郷家の実際の兄は吉二郎であると語ったといわれます。

 

今回は西郷吉二郎の生き方から学んでいきたいと思います。
どうか最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

西郷吉二郎(きちじろう)とは

西郷吉二郎は西郷家四男三女の二男として生まれました。
兄の隆盛とは5歳離れています。
西郷隆盛の生涯の知りたいポイントを紹介-妻・子孫、名言も

 

三男が西郷従道です。
西郷隆盛の弟西郷従道も怪物だった!子孫は?従道邸が有名?

 

父と母がたて続けて亡くなり、隆盛も江戸に出張することになった時はまだ弟たちは幼い年齢でした。

 

その後隆盛は江戸、京都と不在にすることが多くなり、西郷家の大黒柱は二男の吉二郎となります。

 

西郷家の困窮は大きくなります。
隆盛が島流しとなります。家財は没収され、吉二郎自身も謹慎となり職を失います。
この時の生活は貧困を極めたといいます。

 

それでも吉二郎は本当に優しい性格で、兄のため、家族のために一生懸命家族を守り抜きました。

 

隆盛は、吉二郎がいたから自分は国事に奔走できることを常々感謝していたそうです。

 

吉二郎には園という妻がおり、2人の子供にも恵まれました。

 

吉二郎一家、そして弟、妹たちと西郷家は大家族で、隆盛の妻糸子と協力し合い生活しました。
吉二郎は糸子を慕っていたといいます。
西郷糸子(岩山糸)【英雄西郷隆盛を支えた妻とは】西郷どんは黒木華

 

戊辰戦争で亡くなる

スポンサーリンク

 

そんな吉二郎は隆盛の背中を追い、戊辰戦争に参加します。
吉二郎が赴いた長岡藩は西洋式の軍備を整えており、特に強い藩でした。

 

吉二郎は長岡城の戦いで負傷します。
その後数日後36歳で亡くなりました。

 

明治政府は吉二郎の功績を讃え、家族に扶持米70俵を30年間贈っています。

 

西郷どん(せごどん)では渡部豪太さんが好演

大河ドラマ西郷どんでは渡部豪太さんが演じています。

西郷どん_西郷吉二郎

出典:https://twitter.com/nhk_segodon

いつも優しく家族に接しており、隆盛の江戸行きの場面では兄に対する想いを表現していました。
あの優しいイメージはぴったりです。

 

最後に

吉二郎が亡くなったときの隆盛の気持ちはどれほど辛かったことか。
想像を絶します。

 

きっと隆盛は、いつか吉二郎に思い切り弟孝行したいと思っていたのではないか、勝手ですがそう思ってしまいます。

 

吉二郎は戊辰戦争で、隆盛もそして四男の小兵衛も西南戦争で亡くなっています。
西南戦争中は生き延びるために必死で逃げ回り、その後は国賊の家族として生きます。

 

西郷家は幕末から明治の動乱の中心に巻き込まれますが、いつも家族が支え合って生き抜きました。
西郷家の偉大さに感服します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします