佐賀の七賢人、維新の十傑と称される江藤新平。

 

江藤新平というと一番思い浮かぶのが「佐賀の乱」ではないでしょうか。
元士族をまとめあげ、明治政府に反乱を起こした男、そういった印象を持たれている方も多いかもしれません。

 

しかし、江藤新平は近代日本の司法を整備した第一人者であり、その考え方や行動は正義に溢れ、尊敬の念を抱きます。

 

今回はそんな素晴らしく、かっこいい江藤新平の生き方から学んでいきたいと思います。
どうか最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

江藤新平とは

備前国佐賀藩に生まれ、幼い頃は貧しい生活を送りました。
藩校弘道館で学びますが、非常に優秀な青年であったといいます。

江藤新平

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/


尊王を志す義祭同盟にも参加し、副島種臣、大隈重信、島義勇らと親交を深めました。

 

江藤の志は高く、脱藩して京で活動するようになります。
この頃桂小五郎ら長州藩士を始めとする志士と付き合い、さらにその見聞を広げます。
逃げの小五郎の3つの真意と桂小五郎(木戸孝允)の名言に学ぶ

 

江藤の思想は、尊王攘夷から開国、そして倒幕に変化していきます。

 

戊辰戦争で活躍するなど、新政府樹立に大きく貢献しました。

 

日本の司法制度の整備に尽力

スポンサーリンク

 

明治政府ではその知識と行動力で活躍の場を広げていきます。
東西両都の建白書を岩倉具視に提出しました。

 

特に司法の分野で能力を発揮し、初代司法卿を務め、司法制度や警察の整備に尽力しました。
四民平等を訴え、それが認められたのは江藤の働きが大きいと言われています。

 

江藤は三権分立を主張したが、猛烈な反対を受けます。
当時は行政権=司法権と考えられていて、江藤の主張は通りませんでした。

 

江藤は正論を主張することが多く、なお且つ早急に実行に移すべきであるとの言い分から、政府内でも対立することも少なくありませんでした。

 

江藤新平と佐賀の乱

江藤は征韓論により西郷らとともに下野しました。

 

板垣退助らと自由民権運動に参加します。
その考え方や行動指針は江藤の理想に合致していたといいます。

 

そんな折、佐賀の士族の不満が高まります。
そこで江藤は佐賀に戻り、武力ではなく話し合いで解決することを提言しに行きます。

 

江藤と対立していた大久保利通は、まだ行動を起こしていないこのタイミングで佐賀に対して追討令を出します。
大久保利通とは?名言や性格、身長など人物像を徹底調査!

 

佐賀の仲間の不満や怒りは頂点に達しており、江藤も大久保のケンカを買うようなかたちで、佐賀のリーダーとして決起することを決意します。
佐賀の乱の始まりです。

 

しかし、政府軍との力の差は歴然であり、このままでは勝ち目がないとみて、江藤は鹿児島にいる西郷隆盛に加勢を依頼しに行きます。

 

西郷は加勢しませんでした。
江藤はあきらめずに逃げますが、高知で捕えられます。

 

江藤はまともに裁判を受けられず、首を斬られ、そしてさらし首とされます。
また、その首を写真に撮られ、全国的に流れたと言われています。

 

江藤は40歳で無念の死を迎えました。 

 

江藤新平と大久保利通の対立

江藤と大久保の対立は激しく、処刑では済まさず、さらし首にまでするという事実が物語っています。

 

江藤は井上馨の不正の追及なども厳しく、正義を貫こうとする性格が容易に想像できます。

 

もちろん大久保にも正義はあったはずです。
正義と正義のぶつかり合いでした。

 

しかし、政治家として力を維持するためのやり取り、計画性や戦術という面で大久保が秀でていたということかと思います。

 

その大久保も、数年後に不平士族らにめった刺しに合い壮絶な最期を迎えます。
大久保利通暗殺(紀尾井坂の変)の全貌!理由や犯人、場所等

 

江藤新平の子孫

江藤には子供がおり、その子孫は江藤の優秀さを引き継いでいます。
二男の江藤新作が衆議院議員になり、犬養毅の側近を務めております。

 

その新作の子供、江藤夏雄(えとうなつお)も衆議院議員として活躍します。

 

夏雄の子供、江藤小三郎(こさぶろう)は陸上自衛官を務め、国会議事堂前で焼身自殺をします。
その死は三島由紀夫の翌年の自殺を決意させる死になりました。

 

ひ孫にあたる江藤兵部さんはパイロットを務め、その娘が弁護士になったといいます。

 

最後に

江藤新平の生涯をたどると見えてくるのが、断固とした正義感と真っ直ぐに生きる姿勢です。

 

ご存じのとおり、実際江藤が唱えた三権分立は後の日本では取り入れられています。
江藤が貫こうとした考え方や思想は正しかったことが誰の目にも明らかです。

 

江藤の子孫が弁護士になったように、真っ直ぐな江藤の意思は今でも生きています。

 

自分の正義を持って真っ直ぐに生きること。
誰もがそうありたいと思ってしまう生き方です。

 

私も少しでも近づけるように努力したい、そう決意します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします