有村俊斎は西郷どん、西郷隆盛が失脚する原因を作ったと言われる男です。

 

また、生麦事件ではイギリス人を斬り殺し、薩英戦争のきっかけを作りました。

 

これだけで相当騒がしい人生が想像できます。
有村への評価は必ずしも高いものではありません。

 

しかし、生涯を追うことで、有村俊斎は信念の男であったのではないかと思えてきます。

 

今回は薩摩藩士有村俊斎の生き方について学んでいきたいと思います。
どうか最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

有村俊斎(海江田信義)とは

有村俊斎(ありむらしゅんさい)は薩摩に生まれました。
結婚して海江田信義(かいえだのぶよし)と名前を改めます。

有村俊斎(海江田信義)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/


幼い頃は薩摩藩主島津斉興の茶坊主をしていました。

 

薬丸自顕流剣術(やくまるじげんりゅう)、示現流剣術などの薩摩流の剣術を磨きます。

 

西郷隆盛や大久保利通を中心とした精忠組に参加します。
西郷隆盛の生涯の知りたいポイントを紹介-妻・子孫、名言も
大久保利通とは?名言や性格、身長など人物像を徹底調査!

 

有村は江戸行きを命ぜられると、積極的に攘夷活動をするようになります。
当時攘夷の急先鋒であった水戸藩士との親交が影響しました。

 

弟有村次左衛門は井伊直弼の首をとった男

その頃、有村本人だけではなく、有村の弟有村次左衛門も攘夷活動に積極的でした。
北辰一刀流を学び、水戸藩士と交流します。

 

そして、安政大獄が起きます。
有村も、弟次左衛門も幕府に追われる身となります。

 

次左衛門は思い切った行動にでます。
なんと脱藩して水戸藩の浪士と共に井伊直弼の暗殺を計画します。

 

桜田門外の変です。
次左衛門も薬丸自顕流剣術を磨いておりました。
次左衛門は猿叫と一緒に井伊の首を斬ります。

 

しかし、その直後井伊直弼の護衛をしていた彦根藩士から後ろから刺されてしまいます。
次左衛門は動けなくなり、その場で切腹しました。

 

また、別の弟有村雄助も安政大獄の影響で藩から切腹を命じられています。

 

西郷隆盛の失脚の原因をつくる

海江田は西郷の失脚の原因をつくったと言われています。

 

海江田は島津久光に対し、寺田屋事件で集結する過激派を西郷があおっていると言います。
それに対して久光は激怒し、西郷を島流しにします。

 

同志であったにも関わらず海江田がなぜそのようなことを久光に進言したのかは明らかになっていません。

 

しかし、薩摩藩にとって一時でも大戦力を失ったことは確かであり、また結果としては西郷の命を守ったことになるかもしれません。

 

薩英戦争の引き金である生麦事件を起こす

有名な生麦事件
江戸から京都に向けて久光の行列が進むところを、イギリス人が横切ったとして殺傷事件が起きます。

 

イギリス人は4人いたのですが、3人は傷を負いながらも逃げます。
しかし1人はその場で殺害されます。

 

その1人のイギリス人を追いかけて斬り殺したのが海江田でした。

 

その後海江田は戊辰戦争では活躍して貢献します。

 

大村益次郎との対立

海江田は大村益次郎と意見が合わず、ことごとく対立する関係でした。

 

大村は、幕府軍彰義隊を潰すことを提言します。
それに対して海江田は彰義隊は強いから止めた方がいいと反論しました。

 

西郷が信頼する勝海舟との関係もあって海江田は彰義隊存続を主張したのかもしれません。

 

結果としては大村の意見が採用され、彰義隊は一日で壊滅することになります。

 

激しく対立し、そして大村のとおりとなったことで、海江田の評価を下げる結果となりました。

 

そしてその対立関係から、大村暗殺の犯人と疑われることになります。

 

奈良県知事から貴族院議員に

海江田は奈良県知事に就任しましたが、その期間は短いものでした。

 

ずっと藩の意向に従うかたちで生きた海江田は久光からの信頼も厚く、その後久光と新政府との間を取り持つような存在になり、政府から重宝されます。

 

貴族院議員などを務め、74歳で亡くなります。

 

西郷どんでは高橋光臣さんが好演

大河ドラマ西郷どんでは、高橋光臣さんが演じています。

 

過去の大河ドラマ翔ぶが如くでは佐野史郎さんが演じています。
佐野史郎さんは今回の西郷どんでは井伊直弼を演じています。その配役も魅力的であると感じます。

 

最後に

海江田は激情型であり、深く考えずに行動してしまうことで時折目立ち、悪い評価も目立ちます。
ただその行動によって時代が前進したことも事実です。

 

また、海江田は貴族院議員まで務めており、それは薩長閥の力によってであり、海江田の能力ではないと認識されていることも事実です。

 

しかし忘れてならないのは、藩の意向に沿って働いてきたことが、結果としては新政府にも貢献することができました。
海江田の1つの成果であることは確かであり、その点は評価されるべきであると私は考えます。

 

海江田の忠義や信念もそこにあったのではないかと想像します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします