スポンサーリンク

 

西郷隆盛を語るときには近くに必ず大久保が、大久保利通を語るときには必ず西郷がいます。
まさに切っても切れない関係です。

 

そんな鹿児島の両雄ですが、2人は仲が悪いと思われている方、もっと過激に言うと大久保が西郷を死に追いやったという印象を持っている方も多いと思います。

 

決してそんなことはなく、こんな熱い関係が、こんな深くて素敵な関係があるのかと感じるエピソードがいくつもあります。

 

今回はそんな2人のエピソードや関係をご紹介させていただきます。

 

まさに同じ釜の飯を食った兄弟のようなふたり

西郷と大久保は薩摩藩城下の下加治屋町に生まれました。西郷が3歳年上です。
家が近所というのは有名ですね。

 

どちらの家も下級武士でしたので貧しい生活でした。
幼少の頃、貧しい大久保は西郷家の食事に訪れ、一緒に食事をしていたそうです。

 

その時、西郷の兄弟が少しずつ大久保のために食事を分けたというからその関係は並じゃないですよね。

 

大久保が心から西郷を信頼していたと感じるエピソード

当然性格やタイプ、能力も違った2人ですが、それぞれが相手を信頼して助け合って乗り越えてきました。

 

西郷隆盛の島流しを救ったのは大久保

西郷は二度島流しを受けています。

詳しくはこちらでご紹介しておりますので参考にして下さい。
西郷隆盛の生涯の知りたいポイントを紹介-妻・子孫、名言も

 

藩主久光と意見が合わなかった西郷ですが、一方の大久保は久光に認められて出世しました。
大久保が西郷を許してもらうように久光を説得したおかげで西郷は城下に戻り、再び活躍の場が得られることになります。

 

 

明治政府が西郷の力を求める

戊辰戦争の後、新しく政府ができたものの、初期の頃は至るところで意見の衝突などがあり制度がまとまらず、新政府のリーダーであった大久保は困り果てていました。

 

そんな時、圧倒的な信頼と人望があった西郷の力を借りることを決定します。岩倉具視と大久保で西郷を鹿児島まで説得しにいき、西郷がそれに応えるかたちで再び政府に加わることになります。

 

明治政府でのふたりの共同事業と征韓論

復帰した西郷は早速仕事に取り掛かります。
廃藩置県は西郷と大久保の断固とした覚悟、実行力によって実現した政策でした。

 

西郷と大久保が対立する原因となる征韓論について、大久保が西郷の意見に反対し、無理やり決定していたことをくつがえしたから西郷は辞表を出し下野したと思っている方も多いです。

 

西郷に進む方向を示し、江戸城無血開城をともに成し遂げた勝海舟が、西郷は征韓論者ではなかったことを後に話しています。

 

それは江華島事件が起きた際に、西郷はその武力でやり返す姿勢を批判していたことからです。

 

何より、江戸城無血開城をした西郷、兵を準備して武力を高めるという動きをするが、最後はそれらに頼らず、戦いをせずに解決する。それを間近でみていた勝は今回の征韓論についても同じように感じたんだと思います。

 

廃藩置県などもそうですね。御親兵を用意して事にあたりますが、積極的に戦いをしかけるのが西郷ではありません。

 

大久保利通は征韓論に反対したわけではなく、西郷の命を心配していたために西郷の朝鮮行きを反対していたことがわかる発言を、後に大久保利通の二男牧野伸顕が語っています。

 

牧野伸顕についてはこちらでご紹介しております。参考にして下さい。
大久保利通の子孫がすごい!麻生太郎も子孫?妻はどんな人?

 

実際西郷は板垣退助とのやり取りで、西郷自身死ぬ覚悟であったことがわかっています。

 

西南戦争と盟友の別れ

スポンサーリンク

 

明治6年の政変を機に、不平士族らの不満、怒りが高まることになり、西南戦争が起こります。

 

大久保は、西郷が戦争を起こしたことをはじめ信じなかったそうです。

 

また、大久保は西郷に戦争を止めるようと説得しに行こうとしました。
しかしその頃の大久保はまぎれもなく日本政府の中心人物であり、個人的な意見や感情で動くことはできませんでした。

 

西郷の死の知らせを聞いたときの言葉が大久保の想いを語っています。

 

「おはんの死と共に、新しか日本がうまれる。強か日本が…」
引用:https://hajimete-sangokushi.com/2018/01/24/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%88%A9%E9%80%9A%E3%81%AE%E5%90%8D%E8%A8%80/

 

後にこうも言っています。

 

「自分ほど西郷隆盛を知っている者はいない」
引用:https://hajimete-sangokushi.com/2018/01/24/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%88%A9%E9%80%9A%E3%81%AE%E5%90%8D%E8%A8%80/

 

大久保が暗殺されるときには西郷の手紙を持っていました。
この時の様子は下記ページでご紹介させていただいております。
大久保利通暗殺(紀尾井坂の変)の全貌!理由や犯人、場所等

 

西郷は戊辰戦争後に鹿児島に帰っていますが、それはもしかしてそうなること、戦争というかたちになるとは予想していなかったかもしれませんが、どこかで大久保と対立するようなことになるかもしれない、そう感じていたために政治から離れたのではないか、そう思ってしまいます。

 

自分が緻密に戦略を練ったり、根回しをしたり、政治を動かすことには向いていないということを西郷自らが言っていたようですが、何より大久保のことを誰よりも理解し、信頼していたのも西郷だったと思います。

 

幕末から圧倒的な人望があり、多くの志士、武士から慕われていた西郷、そして困っている人を放っておけない西郷。決断せざる負えない状況だったことが想像できます。

 

最後に

対立したという印象が残っているふたりの関係ですが、簡単には言い切れない深い関係や状況がありました。

 

西郷が大久保の説得によって再び東京に戻って間もなく、大久保は使節団として海外を見て回り、西郷は国内に残ります。
残った政府は重要事項を決定しないというかたちだったようです。

 

次元が違う話ですが、私たちの身近な人間関係でこんなことがあります。
地方から東京に上京したり、友人が海外で暮らしたり、学生の友人が自分とはちょっと経済的に違う生活を送るなどして数年経つと、それまでの関係とは何かが少し違うことを感じる、そういった感覚がいつしかこれまでの関係のままではいられなくなることがあります。

 

西郷隆盛と大久保利通を並の人間、並みの関係と比べるのは間違っているかもしれませんが、完璧な人間はいません。

 

ましてや国というものを建て直すために、大至急決断しなければならないことが山積みで、しかし国内の知識だけではできない、海外から吸収しながら、かつ国防のことも考えなければならないという状況にふたりはいました。

 

そんなふたりの苦悩や覚悟があったおかげで今の日本があります。

 

ふたりとも壮絶な最期でした。

 

西郷が大久保を、大久保が西郷を、それぞれを想う気持ちを察すると、心が震えるような感覚になります。

 

読んでいただきありがとうございました!(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします