スポンサーリンク

誰もがご存じ西郷隆盛、そのお兄さんに隠れてしまいあまり目立ちませんが、弟の西郷従道もものすごい功績をおさめた方です。

 

参照:西郷隆盛の生涯の知りたいポイントを紹介-妻・子孫、名言も

 

今日はそんな西郷従道(信吾)についてご紹介いたします。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

西郷隆盛の弟従道(信吾)の功績

西郷家の三男、6人目の子供として生まれます。隆盛とは15歳差です。

つぐみち、もしくはじゅうどうと呼びます。

 

幼いころ、藩主島津斉彬の茶坊主として働きます。
その後、兄の隆盛や大久保、有村らが結成する精忠組(せいちゅうぐみ)に参加し、攘夷活動にも参加していきます。

 

寺田屋事件、薩英戦争にも参加し、戊辰戦争の鳥羽伏見の戦いでは重症を負います。

 

明治に入ってからは軍人としての活躍することになります。
山縣有朋とともにヨーロッパ、ロシアと軍隊や軍政について視察に行っています。

 

陸軍中将として台湾出兵し、日清戦争、日露戦争では海軍で活躍します。
海軍大将、その後は海軍軍人として初めての元帥にもなります。

 

後に総理大臣になる山本権兵衛を引き立てたのは従道でした。
その後山本は東郷平八郎をリーダーとして育てることとなります。もし従道がいなかったらあの東郷平八郎は育たなかったかもしれません。

 

農商務卿、陸軍卿、文部卿、内務大臣、海軍大臣、陸軍大臣、農商務大臣、貴族院議員と、数々の要職を歴任しました。

 

総理大臣候補にも名前が上がり、明治天皇からも薦められたというからどのくらいすごいかがわかります。

 

胃がんにより59歳で亡くなります。

 

西郷従道の子孫

スポンサーリンク

従道にはなんと七男、四女おり、それぞれが大きく活躍したり、名家に嫁いでいます。
まさに華麗なる一族です(^^)

 

長男従理(じゅうり)
7歳でロシアに渡り、その後ワシントンで暮らしますが10歳で腸チフスで亡くなっています。

 

次男従徳(じゅうとく)
貴族院議員、陸軍大佐を務める。

 

三男豊彦(とよひこ)
貴族院議員、陸軍少佐を務める。

 

四男上村従義(つぐよし)
陸軍大佐を務める。

 

五男従親(じゅうちか)
海軍機関大佐を務める。

 

六男豊二(とよじ)
古河林業部代表社員を務める。

 

七男小松従志(じゅうし)
主猟官兼主馬寮御用掛、伯爵を務める。

 

長女政子(まさこ)
外交官であった楢原陳政に嫁ぐ。

 

次女栄子(えいこ)
士族平岡良助に嫁ぐ。

 

 

西郷従道(從道)邸は重要文化財

従道は明治初期に、兄隆盛のために東京の上目黒に敷地を購入して庭園と洋館を建てました。明治6年の政変で隆盛が鹿児島に帰ったときです。

 

西郷山とも呼ばれ、明治天皇を始め、多くの人を招いて接客したと言われています。

 

西郷従道邸と呼ばれ、重要文化財として愛知の明治村に移設され、現在は西郷山公園となっています。

 

 

西郷どんの従道は錦戸亮

2018年の大河ドラマ西郷どんでは従道を錦戸亮さんが演じています。
初回で少し登場しましたね。

 

海軍大将、元帥と務めた従道を錦戸亮さんがどう演じるのか楽しみですね。

 

 

まとめ

隆盛も従道も軍人、司令官としての才能が秀でていたことは間違いないですよね。
それにしても隆盛、従道、山本、東郷と並びますが、薩摩藩という藩の強さも納得してしまいます。

 

西郷従道のことを考えるときに一番思うのが、偉大な兄である隆盛は従道にとってどういった存在だったのだろうということです。

 

大英雄である隆盛の背中を感じながらも、ここまでの功績を残す従道の精神や考え方はすごいものがあると感じます。

 

このように明治政府の立役者となった従道ですが、兄のために西郷山を購入するなど、優しさや温かさを感じます。
この人間性は西郷家の血なのかもしれません。

 

明治の偉人、西郷従道をご紹介させていただきました。
読んでいただきありがとうございました!(^^)

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします