幕末、「人斬り半次郎」の異名の薩摩藩最強の武士がいました。
中村半次郎(のちに桐野利秋)です。

 

そのあだ名からは冷徹な殺人鬼の印象を持ちますが、事実は違うようです。
また、殺人鬼どころか涙もろく、人情味に溢れる心優しい男でした。

 

その男は同郷の英雄西郷隆盛を慕い、西郷隆盛と生き、そして共にこの世を去ります

 

今回はそんな魅力あふれる中村半次郎の生き方から学んでいきたいと思います。
どうか最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

人斬り半次郎の真実

中村半次郎(桐野利秋)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

半次郎は薩摩藩の下級武士として生まれました。
下級武士といっても西郷隆盛の家などよりもはるかに貧しい家でした。

 

幼少期に家禄もとられ、兄も病死します。半次郎は家族を支えなければならないようになります。
武士とはいっても農家をしないといけない生活で、それでもその日暮らしという、まさに極貧の生活でした。

 

しかし、そのような生活でも半次郎は武士としての誇りや志を失わず、剣を磨き続けます
生活が貧しいので道場に通う余裕はなく、独学で修業します。

 

その腕は新選組局長近藤勇が認めるほどであったといいます。
近藤勇の首はどこに!?刀一本で幕臣にのぼりつめた男の最後

 

その腕でたくさん人斬りをしたかというとそうではありません。
戦争以外で斬ったのは、薩摩藩の兵学師範であった赤松小三郎を斬りましたが、その1件のみでした。

 

半次郎は一度剣を抜くとただではすまない、すませられないという信条があり、また剣を抜くと気性が荒くなるという面もあったようです。

 

西郷隆盛との出会いと半次郎の活躍

スポンサーリンク

 

武士としての努力を怠らなかった半次郎は、薩摩藩家老の小松帯刀に引き立てられ、活躍の場を広げていきます。

 

その後西郷隆盛と出会い、西郷も半次郎の志と実直さに惹かれて可愛がりました
西郷の秘書役兼護衛役のようなかたちで常に一緒に行動するようになります。
西郷隆盛の生涯の知りたいポイントを紹介-妻・子孫、名言も

 

池田屋事件のあとは長州藩の動きをつかむよう命じられるなど、西郷も大久保も半次郎を大事にしました。

 

江戸城の無血開城に向けた会談でも、村田新八と一緒に西郷に同行しています。

 

西郷は、学問があれば自分などより半次郎の方が優秀な人物であると言っていますし、
勝海舟も半次郎を西郷の優秀な部下であったという旨の評価をしています。

 

戊辰戦争では西郷の指揮のもと、数々の勝利をおさめる大活躍をします。
人きりの異名を今に残すことになったのも、この時の活躍があったからかもしれません。

 

また、会津城の明け渡しに立ち会った半次郎が会津の武士のことを想って男泣きしたというエピソードも残っており、半次郎の情の深さ、優しさがわかります。

 

坂本龍馬との関係

龍馬が神戸の海軍操練所の設立に奔走している頃、半次郎が塾への入門を希望していたという話もあります。

 

しかし1年ほどで塾が閉鎖されてしまったので叶いませんでした。
勝海舟と坂本龍馬が設立した海軍操練所の物語

 

寺田屋事件の後、薩摩藩邸で療養する坂本龍馬を毎日のように見舞いにきたというエピソードも残っております。

 

また、龍馬が暗殺された後には犯人捜しをするなど、半次郎は龍馬に対して親しみを持って接していたことがわかります。

 

明治での出世と最期

明治に入り、半次郎は桐野利秋(きりのとしあき)と名前を改めます

 

陸軍少将、陸軍裁判所の所長を務めるなど、新政府で出世することになります。

 

明治に入っても半次郎は西郷と行動を共にします。
西郷が岩倉と大久保の説得に応じ、再度上京して政府に加わる際も共にしました。

 

しかし、征韓論の議論が起こって西郷が鹿児島に戻ると、半次郎も辞表を出して鹿児島に戻ります。
鹿児島では西郷の私学校で教育を担当します。

 

西南戦争が起こると4番隊を率いて戦います。最期の戦いでした。
戦場で銃弾を受けて戦死します。38歳でした。

 

中村半次郎(桐野利秋)の子孫

半次郎には妻がおり、ヒサといいます。
ふたりの間に子は産まれませんでした。

 

後に半次郎の弟の子どもが養子に入り家督を相続しています。

 

西郷どんでは中村瑠輝人が好演

西郷から芋泥棒と呼ばれる半次郎役を中村瑠輝人さんが演じています。
子どもながらに木刀で大人3人を倒すなど強さを見せており、あの意思の強さを感じさせる目が印象的です。

 

最後に

中村半次郎はまさに極貧という環境で育ちます。
育ったというより育つために幼少の頃から働きます。

 

そんな生きることで精一杯の状況で、志を持って、そして保って努力し続けます。

 

強いと言われる武士は道場に通い、師匠がいるのが通常です。
半次郎は精神力と努力で強くなり、新選組が認めるまでの強さを身に着けたというのは本当に感服します。

 

半次郎は自分自身が厳しい生活をして、努力してきたからこそ、本当に優しい人になれたんだと感じます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします