スポンサーリンク

 

幕末の英雄坂本龍馬には、暗殺の真相、身長の真相以外にも、諸説あることがあります。

 

それは誕生日についてです。

 

坂本龍馬の身長についてもご紹介しております。
坂本龍馬の身長と体重について-有力説を徹底調査!

 

今日はそんな坂本龍馬の誕生日、そして命日についてご紹介いたします。

 

 

誕生日と命日の日は同じではなかった?

坂本龍馬の誕生日と命日が同じ日、11月15日であるということを聞いたことがある方は多いと思います。

 

11月15日で同じなのは和暦でのことで、西暦で数えると違ってくるんですね。
実は和暦と西暦では日にちに相違があるので、見方によっては同じ日とは言えません。

 

天保11月15日生まれ、慶応3年11月15日命日。

それを西暦にすると、1836年1月3日生まれ、1867年12月10日命日となります。

 

数え年で33歳、満31歳11ヶ月で亡くなりました。

 

昔は数え年で数えることが多かったので、坂本龍馬は33年間生きたという印象が強いですが、実際は32年弱の生涯だったんですね。

 

 

誕生日は11月15日ではない?

スポンサーリンク

さらに、誕生日が11月15日ではないという説があるんです。

 

10月15日、11月10日、そして11月15日の説があります。
今では考えられないですが、その頃は正確に記録する制度がありませんでした。

 

10月15日、11月10日と書籍に書いてある記録もありますが、その書籍に記載されている日付の信憑性もなく、現在では11月15日というのが通説として間違いありません。

 

 

命日には龍馬を偲ぼう

慶応3年11月15日、京都の河原町にある近江屋に、同志である陸援隊隊長の中岡慎太郎と共にしているところを刺客によって暗殺されます。

 

命日の11月15日前後には全国各地で様々なイベントなどが開催されます。

 

龍馬が眠る、京都霊山護国神社では「龍馬祭」が行われます。
暗殺前に中岡慎太郎と一緒に食べる予定だった軍鶏鍋が用意され、みんなで龍馬と慎太郎を偲びます。

 

なんと1000人、2000人が集まるといいます。
坂本龍馬を慕う人がいかに多いかがわかりますね。

 

地元高知でも、桂浜で龍馬まつりを行っています。
演奏やトークショーなど様々なセレモニーが行われます。

 

 

まとめ

一言では魅力を語れない坂本龍馬ですが、誕生日であり命日である11月15日に、龍馬の生涯を偲び、その生き方を感じることによって、自分自身の行動に活きることを確信しています。

 

だからこそ多くの人たちが命日のイベントに参加するんだと思います。

 

それでは11月15日はイベント会場で(^^)
今日も読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします