桂小五郎(木戸孝允)には命の恩人であり、生涯を共にした奥様がいました。

 

よく夫婦の関係について、「戦友のような関係」と言われる方が多くいますが、このふたりの関係はまさに戦友と言える関係です。

 

固い絆で結ばれた戦友であり、いつまでも仲の良い夫婦でもありました。
そんな誰しもが憧れるような関係がふたりにはありました。

 

まさに良妻と思えるようなエピソードも多く残っており、明治維新の立役者である桂小五郎を支え続ける生涯でした。

 

もし、小五郎がこの女性と出会わなければ、薩長同盟は実現されなかったかもしれません。
どれほど大きな存在であったかがわかると思います。

 

また、桂小五郎の子孫にはあの大物政治家がいました。ご紹介させていただきます。

 

今回はそんな桂小五郎の妻、幾松(後に木戸松子)の生き方、子孫について学んでいきたいと思います。
どうかお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

幾松(木戸松子)という女性の生涯

桂小五郎との出会い

京都で芸妓をしていた幾松、後に木戸松子と名を変え、木戸孝允の妻になります。

木戸松子

出典:https://bakumatsu.org/blog/wp-content/uploads/2012/03/00326_l.jpg

美人で芸も達者で気の利く幾松は人気の芸妓でした。
京都で攘夷活動を行う小五郎も頻繁に通うことになります。

 

身請けをしようとした小五郎ですが、そんな気の利く美人はそうはいません。
幾松を贔屓にしていたお客がいました。

 

小五郎もずいぶんお金を使いますが、なかなか思うようになりません。
ついには、藩の後輩格で同志でもある伊藤博文がそのお客を刀で脅してそのお客に身を引かせます。
それによって小五郎の恋人として成立することになります。

 

命をかけて小五郎を守る幾松

スポンサーリンク

 

当時、小五郎は幕府に命を狙われる身でした。

 

「逃げの小五郎」と呼ばれるほどです。
逃げの小五郎の3つの真意と桂小五郎(木戸孝允)の名言に学ぶ

 

追われる小五郎を匿ったり、乞食に変装して身をひそめるところに食べ物を持っていったりして文字通り命を助けます。

 

あの新選組局長近藤勇から小五郎の居所を尋問されたことがありました。
当時新選組の近藤と言えば、どんなに腕に覚えのある武士でも震えるほど恐ろしい存在です。

 

幾松は武士顔負けの度胸でその尋問を切り抜けます。
近藤はその幾松の姿に心底驚き感心したと言います。

 

その時の小五郎は心身ともに疲れ果てていました。
ギリギリの精神状態でした。
幾松はそんな小五郎を命をかけて支えます

 

幾松のおかげで生き延びた小五郎は長州に戻り、藩のリーダーとして活躍していきます。

 

その後、小五郎の尽力によって実現するのが薩長同盟です。
明治維新に向けた大きく走り出します。

 

もし幾松の献身的な支えがなければ、小五郎の命、さらに倒幕までの進み方や時間は変わっていたかもしれません。

 

 

恋人から結婚へ

明治に入り正式に結婚し、東京で一緒に暮らすことになります。
しかし、当時身分の差があったふたりの結婚はすんなりとはいきません。

 

長州藩の指導者である小五郎と、芸妓の幾松のままでは結婚できませんでした。幾松は一度長州藩士の家に養子に入り、それから結婚することになります。

 

木戸松子という名前になります。
小五郎30歳、松子20歳のときでした。

 

結婚しても気遣いを絶やさず、料理も上手な松子は誠心誠意小五郎に尽くします。

 

小五郎は出かけるときはいつも松子を連れて歩き、仲の良い夫婦でした。

 

しかし明治になって要職に就いた小五郎は忙しい日々を送り、落ち着いた生活はできませんでした。

 

小五郎の死後は京都に

小五郎が亡くなってからは、養子の忠太郎と一緒に京都に移ります。
なんと松子は尼になって「翠香院」を名乗ります。

 

松子は亡くなってからも小五郎を想い続け、43歳で亡くなります。

 

 

木戸孝允の子孫について

木戸孝允と松子との間に子は生まれておりません。

 

母親は不明ですが、木戸の実の子として女の子(好子)がいます。
また、木戸は養子をとっています。

 

養子忠太郎
松子の妹の子どもです。満鉄地質研究所所長を務め、松子の最期を共にします。

 

養子正二郎
ロンドンやドイツを留学しますが若くに病死します。

 

養子孝正
貴族院侯爵議員、東宮侍従長を務めます。

 

 

孝正の長男木戸幸一

 

木戸幸一
出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia

戦前政治家として活躍します。内大臣府秘書官長、文部大臣、厚生大臣、内務大臣などを歴任します。

 

昭和天皇にも信頼され、天皇の側近の任を牧野伸顕から引き継ぎます
幸一の影響力は増していき、天皇に東條英機を総理大臣に推薦、その後内閣を支えます。

 

戦後は戦犯者として逮捕され、東京裁判で終身刑を受けますが、後に仮釈放されます。

 

 

最後に

木戸松子の気高い生き様を追うと、「志士」そのものであると感じます。

 

役割は違いますが、桂小五郎という国事に奔走するひとりの男性を、誇りを持って支え続けました。

 

木戸孝允の子孫である木戸幸一と、大久保利通の子孫である牧野伸顕が、同じ時代に日本を左右する大仕事をしていたことに因果を感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

牧野伸顕については以下ページでご紹介させていただいておりますので参考にして下さい。
大久保利通の子孫がすごい!麻生太郎も子孫?妻はどんな人?

 

読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします