幕末の長州藩からは数々の優秀な人物が輩出されましたが、
小田村伊之助(のちの楫取素彦)という人物をご存じでしょうか。

 

長州には桂小五郎や高杉晋作など、有名すぎる人物が多いため、なかなか名前が上がりませんが、坂本龍馬とも関わり、薩長同盟を実現するためには欠かせなかった人物です。

 

また、吉田松陰の盟友であり、吉田松陰がもっとも信頼した人物とも言われます。

 

今回はそんな小田村伊之助の生き方から学んでいきたいと思います。
どうぞ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

吉田松陰との関係

小田村伊之助は藩校明倫館で学び、講師役となります。その優秀さから確実に出世していき、江戸勤務も務めます。

 

その頃吉田松陰は松下村塾を開き、門下生を募って教育に当たっていました。
時折伊之助も塾を訪ね、松陰のフォローをしたりしながら、門下生とも交わりました。
吉田松陰の名言を厳選!心に響く言葉~数々の大物を育てた思想を整理

 

松陰は伊之助を信頼しており、松陰が投獄されると伊之助に塾の教育を任せたほどです。
その後伊之助も忙しくなり、塾に出入りすることはできなくなりました。

小田村伊之助(楫取素彦)出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

長州藩を支え、長州藩を救った人物

スポンサーリンク

幕末に差し迫った長州藩は忙しなくなりますが、伊之助は藩主からの信頼も厚く、藩主の命で江戸、京と飛び回り、藩政の肝を担いました。

 

松下村塾の門下生など、長州の若く志のある志士を指導しながら、この時期の長州をギリギリのところで支える活躍をしたと言えます。

 

そして藩主の命で太宰府を訪れ、そこで坂本龍馬と出会うことになります。

 

坂本龍馬もこの時期の長州藩を支えた一人です。
武器を手に入れることもできない長州のために、自身の亀山社中の名義で武器を買い、その武器を長州に渡しました。

 

坂本龍馬と成し得た薩長同盟

坂本龍馬が太宰府を訪れていたのは、他でもない薩長同盟に関してです。
尊王攘夷派の五卿が延寿王院に滞在しており、龍馬は薩長同盟の展望を語り、五卿からの理解と支援を得るために太宰府にいました。

 

伊之助はそんな計画が湧きあがっていたとは知らずに訪れますが、薩長同盟の計画を聞くとすぐさま実現に向けて支援することを約束します。

 

この計画をスムーズに進めるために、長州の誰に話したらいいかを考え、桂小五郎と龍馬を引き合わせることとしました。
逃げの小五郎の3つの真意と桂小五郎(木戸孝允)の名言に学ぶ

 

その後西郷隆盛と桂小五郎の会談が実現されないなど、一時は薩長同盟の実現が危なくなりますが、長州側のフォローを伊之助が担い、実現を成しえました
西郷隆盛の生涯の知りたいポイントを紹介-妻・子孫、名言も

 

最後に

伊之助は、情勢や状況を的確に察知して、それに合った最適な行動がとれる人物であったことがわかります。

 

だからこそ吉田松陰、藩主、坂本龍馬などが信頼を寄せることができたように感じます。

 

その能力と信頼は明治に入ってからも政治家として活躍する元となりました。
初代群馬県令楫取素彦(小田村伊之助)偉大な功績【吉田松陰の盟友】

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします