江戸幕府の大老井伊直弼、幕末を大きく左右した人物です。

 

自分の都合の良い将軍を就かせ、自分の意見に反対する重臣を謹慎させ、多くの人を処刑しました。
そして、自らは暗殺されます。

 

その暗殺もまた大きな影響を与えました。
今回は井伊直弼の暗殺、桜田門外の変について学んでいきたいと思います。
どうか最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

井伊直弼の暗殺

井伊直弼がなぜ暗殺されたのかという理由、原因についてはこちらをご覧下さい。
井伊直弼とは?【安政の大獄の真相に迫る】子孫は彦根で愛される市長

 

直弼を狙っている者がいるという噂は周囲にも、直弼の耳にも入っていました。
当日も警告するような書状が届いたといいます。

 

しかし直弼はそれを無視して登城しようとします。
この日はひな祭りであり、60名もの行列であったそうです。

 

そんなイベントの日でもあり、江戸城の太鼓がなると、各藩主が行列で登城していきます。
直弼率いる彦根藩の行列も進んでいきます。

 

暗殺の犯人は18名の脱藩浪士でした。
水戸藩の脱藩浪士17名、薩摩藩の脱藩浪士1名

 

場所は後に事件の名前となる桜田門外、現在の桜田門交差点付近です。

 

暗殺犯は直弼が乗る駕籠めがけて発砲します。
行列の彦根藩の護衛たちは次々と斬られていきます。

 

実は彦根藩士たちが圧倒的に不利な理由がありました。

 

それは雪です。
雪が降っていたため、彦根藩士たちは刀が錆びないように刀にかぶせ物をしておりました。
そのため襲撃されてもすぐに刀が抜けませんでした。

 

それが決定的な敗因となります。数分の出来事でした。
あっという間に直弼は駕籠から引き出され、首を斬り落とされます。
44歳の生涯でした。

 

井伊直弼の首の行方

スポンサーリンク

 

直弼の首を斬り落としたのは、薩摩藩の有村次左衛門でした。
有村俊斎(海江田信義)の弟です。
有村俊斎(海江田信義)が西郷どん島流しの原因?生麦事件の張本人

 

有村次左衛門が直弼の首を持ち帰ろうとしますが、有村も後頭部を斬られ歩けなくなります。
若年寄の遠藤胤統の自宅の前で自害します。
介錯もなく、力もつきていた状況だったため、かなり苦しい最期だったようです。

 

直弼の首は遠藤邸で引き取ります。
一方、事件現場には胴体だけが残っておりました。

 

首をどうするかを幕府と彦根藩で協議しましたが、大老の直弼が襲撃されて暗殺されたというのは武家としては許され難い恥であり、暗殺ではなく病気で亡くなったことにして、事件のことは隠ぺいすることとしました。

 

しかし事件は朝に起こっており、目撃したいた者は少なくありませんでした。
そのため隠しきれず、大老井伊直弼が暗殺されたことは周知の事実となります。

 

幕府が懸念したとおり、この暗殺は幕府の威厳をさらに失墜させることになります。

 

また、この事件は襲撃した側も、そして守れなかった彦根藩側も多くは切腹、処刑することになり、多くの者が亡くなりました。

 

襲撃した脱藩浪士の18人を、桜田十八烈士と呼びます。

 

井伊直弼のお墓

井伊直弼は東京都世田谷区の豪徳寺に眠っています。
直弼は暗殺を覚悟していたようで、暗殺される前に戒名をとっていたようです。

 

また、安政の大獄で処刑して吉田松陰がその近くの松陰神社で眠っています。
吉田松陰とは-松下村塾と弟子たち、墓所もご紹介

 

井伊直弼の評価を最後に

直弼は多くの人を処刑し、見事なまでに暗殺されるという点にスポットが当たりますが、開国のための行動をとったということで、評価される面があります。

 

確かにここで開国せずにアメリカと戦争をしていたらと考えると、アメリカとの間の戦争はもちろん、内乱も起こり、日本は本当に植民地化されていたかもしれません。

 

そういった点では手段は強引ではあったものの、直弼は一定の評価をされる人物かもしれません。

 

しかし、権力を持った者が自分の意見に反対する者を処刑するというのは絶対あってはならないと考えますし、それが許されるなら遅から早かれ日本は滅亡していたのではないかと想像できます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします