水戸学の権威である藤田東湖、この男こそが「尊王攘夷」を生み出した人物である。

 

佐久間象山、横井小楠、西郷隆盛など影響を受けた人物は数知れず、幕末の基礎となる思想を創りました。

 

今回は藤田東湖の生き方から学んでいきたいと思います。
どうか最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

藤田東湖(ふじたとうこ)とは

藤田東湖は水戸学者の藤田幽谷の息子として生まれました。
祖父は古着屋をしていました。

藤田東湖

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/


学者の息子ですからそれは幼い頃から学問につきますが、その優秀さは神童と言われるほどでした。

また剣術にも長けており、若い頃の斎藤弥九郎と共に学んだと言います。

 

幼い頃からの水戸学者の父に厳しく指導を受けます。
ある時、イギリス人が大津浜に到着し、父幽谷からイギリス人を斬ってくるように命じられます。

 

イギリス人はすでに立ち去っており事なきを得ますが、藤田の根底にある思想が伝わってきます。

 

藤田は彰考館(大日本史を編纂する)の総裁代役に就くなどその能力は周囲も認めるところであり、士分に引き立てられます。

 

そんな折、藩主を巡る後継者争いがおき、藤田は斉昭を推し、見事斉昭は藩主となります。
德川斉昭(徳川慶喜の父)は子供が37人!!偕楽園と弘道館を造った名君

 

その後藤田は德川斉昭の側用人として藩政改革に着手します。
藩校弘道館の設立、軍事演習の実施、お寺の取り壊しなど次々に提言して実行していきます。

 

戸田忠太夫、武田耕雲斎に藤田を加えて水戸の三田と呼ばれ、斉昭になくてはならない片腕となります。

 

スポンサーリンク

 

藤田は書物も多数書きました。
「弘道館記述義」では日本で初めて尊王攘夷という言葉が使われています

 

その思想は佐久間象山、吉田松陰、横井小楠、西郷隆盛、橋本佐内など多くの思想家、志士に影響を及ぼします。

 

佐久間象山という幕末の天才-暗殺されたの?名言や子孫は?
横井小楠の思想が歴史を創った~坂本龍馬との関係から暗殺まで~
吉田松陰とは-松下村塾と弟子たち、墓所もご紹介
橋本佐内の死は倒幕に火を灯した【西郷隆盛の盟友、努力の達人佐内】

 

藤田東湖と西郷隆盛の関係

島津斉彬の口利きもあり、西郷隆盛は樺山三円と共に藤田のところに訪れます。
西郷隆盛の生涯の知りたいポイントを紹介-妻・子孫、名言も

 

西郷が江戸に初めて出てきた頃で、1854年安政元年だったといいます。
江戸の水戸藩邸で会っており、西郷が28歳の頃でした。

 

西郷は藤田のことを文字通り大尊敬し、その後水戸藩士とも親交して西郷の思想形成に影響しました。

 

藤田も西郷を同志として付き合い、親交を深めたと言われています。

 

安政の大地震で死去

安政2年10月2日(1855年11月11日)、安政の大地震が起きます。
藤田もその被害に会い、50歳で亡くなりました。
最期は落下物から母親を守り亡くなったと言います。

 

また、この地震で戸田忠太夫も亡くなり、水戸藩にとっては大打撃となります。
ふたりの死は水戸藩、そして藩主斉昭への影響も甚大で、水戸藩は衰退していくきっかけとなりました。

 

藤田東湖の名言

心術正しからざる者、宜しく館職に預からざるべからず

心掛けの正しくないものは、絶対に重要な役職についてはいけないのだ。

出典:http://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/archives/kodawari/senjin/meigen/03-1.html

 

斉昭が失脚すると藤田も謹慎処分になりますが、その際に国を想って書いたのが「正気の歌」です。

 

藤田東湖の子孫

妻は里子といい、ふたりの間に4人の男子ができました。
藤田の子孫は現代にも続いており、大企業の役員やJリーガーも輩出しています。

 

最後に

幕末の動乱の走りだしとなった水戸藩、その中心となったのが藤田東湖です。
その力を失った水戸藩は力を失います。

 

その偉大さに感服します。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします