力があって人望がある人物から引き上げてもらうことで出世する、事業がうまくいくというのはどの時代でも常です。
明治時代などは今よりも多かったのかもしれません。

 

元帥陸軍大将、二度内閣総理大臣を務めた山縣有朋もそうでした。
力を貸した人物は維新の三傑に数えられる西郷隆盛です。

 

今回は山縣有朋と西郷隆盛との関係をご紹介させていただきます。
どうか最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

山縣有朋の軍人としての才能は幕末から

1838年に長州藩に生まれた山縣有朋は、吉田松陰を師匠とする松下村塾に入門します。

 

幕末の山縣は高杉晋作、伊藤博文らと尊王攘夷の志士として活躍します。
高杉晋作の死因、子孫など幕末のカリスマの生涯を徹底紹介

長州藩内では山縣有朋はどんな存在?高杉晋作や伊藤博文との関係は?

 

戊辰戦争では参謀として参加し、新政府軍の勝利に大きく貢献しました。
奇兵隊での活躍、戊辰戦争での活躍をみると、この頃から軍のリーダーとしての才能を感じることができます。

 

明治2年、ヨーロッパ、アメリカと各国の軍事制度を学び、後に日本陸軍を指揮する基礎を習得します。

 

山縣有朋を元帥陸軍大将に導いたのは西郷隆盛?

帰国した山縣は、大村益次郎の後を引継ぎ、徴兵制の制定を実行しました。
大村益次郎は天才軍師!!【日本陸軍の祖】靖国神社に建つ銅像の意味

 

徴兵制の導入に関しては賛否両論あり、山田顕義と対立しました。
日本大学や國學院を創立【山田顕義とはどんな人物か?】西郷隆盛や山縣有朋との関係は?

 

その際、山縣の後ろ盾となったのが西郷隆盛でした。
西郷は山縣を評価して支援しました。
西郷隆盛の生涯の知りたいポイントを紹介-妻・子孫、名言も

 

明治5年に山城屋事件が起こります。
御用商人である山城屋和助に不正融資をしたとして、山縣の関与が疑われました。

 

日本で初めての汚職事件と言われ、山縣は窮地に立たされます。
その時も西郷は山縣を最後までかばいました

 

「国軍の父」「日本軍閥の祖」と称される存在に

スポンサーリンク

明治6年に陸軍卿に就任した山縣は、参謀本部を設立し、日本陸軍の基礎を構築していきます。

山縣有朋

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

明治22年には内閣総理大臣に就任しました。
その後も山縣は軍人としての誇りを持ち続け、日清戦争には前線に立ちました。

 

明治37年の日露戦争では満州軍総司令官にも立候補したと言います。
その際は大山巌が就任しましたが、参謀総長として貢献しました。
【器の大きい男とは?】幕末~明治のリーダー大山巌!感動の3つの名言と男の生き様とは?

 

山縣有朋は「日本軍閥の祖」の異名で確固たる地位を確立しました。

 

西南戦争では恩人西郷に自決を迫る

明治10年の西南戦争の際は、政府軍の指揮を山縣がとりました。

 

大恩人である西郷を敵に回すかたちとなり、山縣は西郷に自決を促す手紙を出したと言われています。

 

西南戦争が西郷の本心ではないことを山縣も理解しており、山縣としても非常につらい気持ちで手紙を書いたことが想像できます。

 

最後に

時に太平洋戦争の原因を作ったのは山縣であると言われます。

それは簡単に言うと、軍が認めないと内閣が組閣できないような体制を作ったのは山縣であり、そのような体制にしたことが軍を暴走させ、太平洋戦争を起こしたと言われます。

 

山縣への評価に対しては最近色々見直されているようですが、山縣に対する世間の評価は西郷隆盛としても本懐ではないであろうと感じます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしていただけると嬉しいです
いいね ! お願いします